TOP

Integrated Proteomics Pipeline (IP2)の買収を発表

Bruker、大規模コホートトランスレーショナル研究向けIntegrated Proteomics Pipeline (IP2)ソフトウェアプラットフォームの買収を発表


IP2 はGPU ベースのスケーラブル検索エンジンによりCCS 対応 4D-Proteomics™ を高速化-
IP2 は ‘Run & Done’ Real-Time Capabilities を timsTOF® Proteomics Systemsに追加


BILLERICA, Massachusetts, September 30, 2020 — Bruker Corporation (Nasdaq: BRKR)は
Integrated Proteomics Pipeline (IP2)検索エンジンとプロテオミクスワークフローソフトウェアプラットフォームを最近買収した事を発表しました。プロテオミクス研究の第一人者であるJohn Yates III教授、Robin Park博士、Tao Xu博士により設立されたApplications IncによりIP2は開発されました。取引の財務内容は明らかにされておりません。

この買収により、高速かつスケーラブルでGPUベースの検索エンジン機能を追加して衝突断面積(CCS)をフル活用することで、CCS対応 4D-Proteomics™に対するBrukerのソリューションがさらに強化されます。利点は、より大きなデータの完全性とタンパク質とPTMの同定と偏りのない「ショットガン」プロテオミクスでの定量化の高い信頼性が含まれます。 PASEFモードでの>120 Hzデューティサイクルを備えたBrukerの新しいtimsTOF質量分析システムは、GPU対応の複数のスレッドでの並列操作によるリアルタイム検索に独自に適しています。

「IP2チームとYatesラボと提携することで、4D-Proteomics™をサポートするブルカーのバイオインフォマティクス能力を強化する絶好の機会を提供します」と、ブルカーのライフサイエンス質量分析担当エグゼクティブバイスプレジデントであるRohan A. Thakur博士は述べています。ハイスループットプロテオミクスは、非常に大きなデータセットでの低い誤検率を含む前例のない検索エンジンのパフォーマンスを必要とします。これは、プロテオミクス研究とトランスレーショナル医学界に利益をもたらすでしょう。また、IP2資産取得の一環としてブルカーに入社したRobin Parkが率いるカリフォルニア州サンディエゴに拠点を置くタンパク質とデータサイエンスに焦点を当てたBrukerのバイオインフォマティクスチームの設立を発表できることを嬉しく思います。Robinは、Brukerとの新しい役割でYatesラボと緊密に協力し続けるだけでなく、他のBrukerオープンプロテオミクスソフトウェアパートナーやコラボレーターと協力していきます。

「CCS対応バイオインフォマティクスプラットフォームを有効にするブルカーとの提携に私たちは非常に満足しています」とJohn Yates III教授とThe Scripps Research Institute in La Jolla, Californiaの Ernest W. Hahn教授は追加でコメントしています。革新的なソフトウェアツールは、質量分析を用いて未解決の生物学的問題に対処するために必要なものです。トラップ型イオンモビリティ機能とtimsTOF Proの堅牢性は、多くの疾患の研究に効果的に使用できるユニークなボトムアッププロテオミクス機能を提供します。例えば、アルツハイマー病(AD)や自閉症スペクトラム障害などの脳疾患に関与するタンパク質の理解を深めることが現在の研究課題です。

「timsTOFは高速ナノLC  の時代を切り開き、機器ルーチンごとに1日あたり50以上の4D-Proteomics™の実行がボトルネックでした下流のデータ分析を押し上げました」と、Brukerのプロテオミクス担当副社長Gary Kruppa博士は述べています。「ユニークなIP2 GPU検索エンジンは、大規模コホートの大規模データ量に対応したスケーリング機能を備えており、大規模データセットを取得した後、すぐに結果を得ることができる「Run & Done」プロテオミクスを実現しています。   
さらに、IP2を使用することで、timesTOFの取得がリアルタイムで検索結果をフィードバックすることで、より完全な定量結果を得るために関心のあるタンパク質に焦点を当てるという新しいパラダイムを可能にすることを期待しています。最後に、IP2は、当社の他のプロテオミクスソフトウェアパートナーのためのオプションのゲートウェイを提供し、結果までの時間を短縮します。」


About Bruker Corporation (Nasdaq: BRKR)

Brukerは、科学者が画期的な発見を行い、人間の生活の質を向上させる新しいアプリケーションを開発することを可能にしています。Brukerの高性能科学機器と高価値の分析および診断ソリューションにより、科学者は分子、細胞、顕微鏡レベルで生命と物質を探求することができます。Brukerは、お客様と緊密に協力して、ライフサイエンス分子研究、応用および製薬用途、顕微鏡およびナノ分析、および細胞生物学、前臨床イメージング、臨床表現法およびプロテオミクス研究および臨床微生物学において、イノベーション、生産性の向上、顧客の成功を可能にしています。詳細については、 http://www.bruker.com.を参照してください。


About the Yates Lab at TSRI (La Jolla, CA)

Research in the Yates lab is focused on the development and application of mass spectrometry-based proteomics techniques to a wide range of biological questions. Our lab has been instrumental in the evolution of the field to its current status, having pioneered many of the landmark advances that form the basis for prevailing proteomics practices, including shotgun proteomics (McCormack, A. L.; Schieltz, D. M.; Goode, B.; Yang, S.; Barnes, G.; Drubin, D.; Yates, J. R., III. Anal. Chem. 1997, 69, 767−776), database searching (SEQUEST, Eng, J. K.; McCormack, A. L.; Yates, J. R., III. J. Am. Soc. Mass Spectrom. 1994, 5, 976−989), and Multidimensional Protein Identification (MudPIT, Washburn, M. P.; Wolters, D.; Yates, J. R., III. Nat. Biotechnol. 2001, 19, 242−247).  We continue the drive to increase the scope, sensitivity and throughput of proteomics technologies and their application to biological questions.  Our research encompasses the areas of bioinformatics and software development, methods development and biological applications. The integration of all the elements in the proteomics pipeline within one lab facilitates advances in all of them. The Yates lab has published more than 700 peer reviewed papers. Recent highlights include comprehensive proteomics studies revealing molecular mechanisms implicated in Cystic Fibrosis as well as identification of proteins capable of restoring function to mutated proteins in the disease, and investigations into affective disorders of the brain, including schizophrenia and depression. http://fields.scripps.edu/yates/wp/

英文プレスリリースはこちら
 
 

投資家連絡先:
Miroslava Minkova
Bruker Director, Investor Relations & Corporate Development
T: +1 (978) 663-3660 x1479
E: Investor.Relations@bruker.com

メディア連絡先:
Dr. Petra Scheffer
Bruker Daltonics
Marketing & Communications
T: +49 (421) 2205-2843 
E: petra.scheffer@bruker.com

  • « 前へ
  • 次へ »