TOP

MSフォーラム:東京 7月30日, 大坂 8月1日

昨年多くのお客様にご参加頂きました『ブルカーMSフォーラム』を今年も開催いたします。

今年も、日本国内の著名な先生方に弊社質量分析計を用いた様々なアプリケーションについてご講演
いただく予定でございます。
6月に米国アトランタにて開催されました、ASMS学会 (ブルカーが発表しましたポスターがダウンロードできます)での最新情報のご紹介も致します。
新製品 timsTOF fleX を発表致しました。

是非、ブルカー・ダルトニクスの最高峰の質量分析技術および最新アプリケーションに触れる機会
にしていただけましたら幸いです。また実際に弊社の質量分析計をお使いのお客様、今後導入を
検討されていますお客様の情報交換の場としてお役立ていただければと存じます。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

ご案内状PDFはこちら


東京会場        

日時:2019年7月30日(火)13:30-17:50 (13:00受付)
会場:秋葉原UDX Type S    詳細アクセスはこちら
住所:東京都千代田区外神田4丁目14-1  4F 

定員:220名
参加費:無料 

お申込みはこちら

 

大阪会場        

日時:2019年8月1日(木)13:30-17:50 (13:00受付)
会場:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム3
住所:大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪 北館 B2F 

定員:140名
参加費:無料

お申込みはこちら

 

【プログラム】

13:00-13:20  セミナー受付

13:20-13:25  ご挨拶

13:25-13:55   ブルカーの最新テクノロジーのご紹介
                      Rohan A.Thakur, Ph.D., Bruker Daltonics

13:55-14:40   Accelerating Drug Discovery with Magnetic Resonance Mass Spectrometry
                      Dr. Patrick J. Rudewicz,  Global Discovery Chemistry, Novartis Institutes for
                       Biomedical Research, Emeryville, California

14:40-15:25   液相および気相における多次元分離を駆使したプロテオミクス
                      京都大学 薬学研究科  石濱 泰 先生
                      ショットガンプロテオミクスは常に試料の複雑さとダイナミックレンジの広さとの戦いである。
                      長時間を要する高分離能LCと高速スキャンを可能とする高分解能タンデムMSの両者の性能を
                      いかに妥協させることなく両立させうるかが次世代プロテオームシーケンサ―としての
                      LC/MS/MSに求められるキーポイントである。本講演ではtimsTOFproの特徴を生かした我々の
                      ショットガンプロテオーム解析システムについて紹介したい。

15:25-15:55   休憩  展示コーナーにもお立寄りください

15:55-16:30   分科会 1 【1-A】 timsTOF Proによるプロテオミクス受託解析
                                      大阪大学 微生物病研究所中央実験室/
                                       免疫学フロンティア研究センター  
                                       杉原 文徳 先生
                                      大阪大学 免疫学フロンティア研究センター・微生物病研究所の共通利用
                                      施設である中央実験室ではタンパク質の同定、修飾解析、比較定量などの
                                      受託解析をおこなっています。2019年4月よりtimsTOFproの運用を開始し、
                                      順調に実績を重ねています。本フォーラムでは装置の利便性や解析環境に
                                      ついて紹介し、サンプル処理やデータ解析における課題などについて
                                      紹介する予定です。
                            【1-B】 MALDI-MSイメージング法の食機能学研究への展開
                                      九州大学 大学院農学研究院生命機能科学部門  松井 利郎 先生
                                      本講演では、MALDI-MSイメージング法を食機能学研究に応用した実施例を
                                      中心に論じる。生活習慣病予防作用を示すポリフェノール類は測定対象
                                      としたい食品成分のひとつであるが、中性分子であるためにイオン化効率
                                      は低い。この解決のための光塩基発生剤の有用性について紹介する。
                                      また、組織での分布をそのまま可視化できる点を応用すると、対象化合物
                                      の腸管吸収経路、代謝挙動についても実証することができるなど、分析
                                      評価法としての応用性についても紹介する。
                            【1-C】 製薬のためのNMR!
                                      ブルカージャパン㈱ バイオスピン事業部 アプリケーション  平野 桐子
                                      リード化合物探索のためのスクリーニングや、創薬候補となる化合物の構造
                                      確認、反応追跡、そして製剤の品質管理と、研究開発のいずれのステップに
                                      おいてもNMR(核磁気共鳴)は非破壊的な測定を行うことができます。
                                      また、NMRは化合物を特徴づける官能基の詳細情報を含み、定量的な特徴を
                                      生かした分析評価が可能です。このセッションではバイオスピン事業部で
                                      取り扱うNMRの製薬向けアプリケーションをステップごとに紹介します。
                            【1-D】 ブルカー質量分析による合成高分子・材料解析
                                      ブルカージャパン㈱ ダルトニクス事業部 アプリケーション  工藤 寿治
                                      合成高分子をはじめとする材料サンプルに関して、合成確認、不純物解析、
                                      他社品解析、受入検査(サイレントチェンジ対応)等を目的として、従前行
                                      われる物性試験のみならず質量分析を用いた詳細な解析が必要とされるケース
                                      が増えています。いくつか事例を交えながら、それに対応するためのソリュー
                                      ションや、最新機種を用いた試みについてご紹介いたします。
16:30-16:35   休憩

16:35-17:10   分科会 2 【2-A】 多検体プロテオミクスに向けた質量分析プラットフォームの構築と課題
                                      株式会社メディカルプロテオスコープ 生体分子解析部   川上 隆雄 様
                                      LC-MS/MSプロテオミクスを臨床研究に適用する場合は、微量の多検体から
                                      安定的かつ短時間でプロテオーム情報を取得することが必要条件である。
                                      本講演では、timsTOF Pro質量分析計にEvosep One液体クロマトグラフを
                                      接続したLC-MS/MSシステムの運用を通じて、明らかになったその有用性と
                                      課題を述べる。また、プロテオーム分析の高深度化に関する当社の取り組
                                      みにも言及する。
                            【2-B】 医薬品開発における超高解像度イメージング質量分析への期待
                                      株式会社LSIメディエンス   鍛冶 秀文 様
                                      イメージング質量分析の代表であるMALDIイメージングは創薬研究に貢献
                                      する技術です。本発表ではsolariXを用いた低分子医薬品の生体組織に
                                      おける超高解像度イメージングによる局在評価事例を紹介します。標的
                                      部位における局在評価を行うことにより、創薬の初期段階から開発化合物
                                      やバイオマーカーの分布を確認することで、最適な化合物の選択、薬効や
                                      毒性の機序解明等の期間短縮、開発リスクの低減等への貢献が期待されます。
                            【2-C】 ブルカーのバイオ医薬品解析に向けたソリューションのご紹介
                                      ~ 抗体医薬とオリゴ核酸の質量分析 ~         
                                      ブルカージャパン㈱ ダルトニクス事業部 アプリケーション  瀧浪 欣彦
                                      バイオ医薬品は中分子や高分子化合物であり、その特性解析には、低分子化合
                                      物とは異なる様々な課題が存在します。ブルカーでは、ハードウェア・ソフト
                                      ウェアの両面から、そういった課題に対応するソリューションをご用意してお
                                      ります。今回はバイオ医薬品の特性解析のための、ブルカーのソリューション
                                      についてご紹介いたします。
                            【2-D】 熱脱着・熱分解DART-MSによる、簡便迅速な材料分析のご提案
                                      株式会社バイオクロマト 開発部  吉沢 賢一 様
                                      化学工業系材料の分析を行う際には、手間のかかる前処理が必要となる、分析
                                      時間が長くかかる、などの課題が多く見受けられます。そこで、これらの課題
                                      を解決するため、アンビエント質量分析法の1種であるDARTに、試料を昇温
                                      加熱するデバイスを接続した、「熱脱着・熱分解DART-MS」を化学工業用材
                                      料の分析に応用し、含有されている添加剤の分析、基材のキャラクタリゼー
                                      ションなどを迅速簡便に行える事例をご紹介します。
17:10-17:15   休憩

17:15-17:50   分科会 3 【3-A】 Data dependent MS/MS acquisition 対応イオンモビリティ質量分析
                                      によるリピドミクス解析
                                      理化学研究所  環境資源科学研究センター メタボローム情報研究チーム 
                                       津川 裕司 先生
                                      ノンターゲットメタボローム解析においてイオンモビリティは,ピークキャ
                                      パシティ向上に貢献するだけでなく「代謝物アノテーションの信頼性向上」
                                      にも大きく貢献する.この度,我々の研究グループで開発しているMS-DIAL
                                      にて,(1)保持時間(2)プリカーサーm/z(3)collision cross-section
                                      (CCS), そして(4)MS/MSスペクトル情報の「4次元プロパティ」を用いた
                                      脂質解析ワークフローを整備したので,その解析手法および応用例を紹介
                                      する。
                            【3-B】 最新ESI & MALDIデュアルイオンソースを搭載したtimsTOF fleXのご紹介
                                      ~4D x-omics および MALDI Imaging systemによるSpatialOMx~
                                      ブルカージャパン㈱ ダルトニクス事業部 アプリケーション  韮澤 崇
                                      ASMS2019(アトランタ)で、デュアルイオンソースを搭載したtimsTOF fleX
                                      が発表されました。高深度4D OMICSのために開発されたPASEF LC-MS/MS
                                      と高速MALDIイメージング技術を組み合わせることにより、新たな
                                      SpatialOMx解析を可能とします。本講演では、装置の特徴および最新の
                                      アプリケーションをご紹介いたします。
                            【3-C】 AJICAP™法による位置選択的ADC合成と特性解析におけるtimsTOFproの
                                      活用
                                      味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所  
                                       新保 和高 様(東京会場)       敷田 奈都紀 様(大阪会場)
                                      弊社では、位置選択的ADC(Antibody-drug conjugate)の調製法として、
                                      親和性標識技術を利用したAJICAP™法を開発した。本手法は、抗体Fc親和性
                                      ペプチド試薬を用いることで、Nativeな抗体のリジン残基を、位置選択的
                                      に官能基化できる点が特徴である。本発表では、本開発における、インタクト
                                      質量分析法、ペプチドマッピングなどの質量分析法の活用について紹介する。
                            【3-D】 Matrix-free LDI:DIUTHAMEを用いた材料分析事例
                                      浜松ホトニクス株式会社 電子管事業部   小谷 政弘 様
                                      サブミクロン直径の貫通孔が規則的に配列しているポーラスアルミナ薄膜を
                                      マトリックスの代替として用いるレーザー脱離イオン化法:DIUTHAME
                                      (Desorption Ionization Using Through Hole Alumina MEmbrane)を
                                      開発しました。マトリックスフリーが特徴であり、簡便な前処理で高い
                                      再現性&高空間分解能を有するメージング質量分析を可能とします。
                                      このDIUTHAME chipを用いた材料分析事例やイメージング事例について
                                      紹介いたします。

17:50-18:00   休憩

18:00-19:30   情報交換会


<分科会のご案内> ご希望のセッションにご参加ください。
分科会 A 会場: オミックス                         
分科会 B 会場: イメージングMS
分科会 C 会場: バイオファーマ                  
分科会 D 会場: 化学工業
                                   

 

 

  • « 前へ