TOP

MSフォーラム:7月24日 東京 ・ 7月26日 大阪

昨年多くのお客様にご参加頂きました『ブルカーMSフォーラム』を今年も開催いたします。

今年は、日本国内の著名な先生方に弊社質量分析計を用いた様々なアプリケーションについてご講演
いただく予定でございます。
6月に米国サンディエゴにて開催されますASMS学会での最新情報のご紹介も行う予定です。

是非、ブルカー・ダルトニクスの最高峰の質量分析技術および最新アプリケーションに触れる機会
にしていただけましたら幸いです。また実際に弊社の質量分析計をお使いのお客様、今後導入を
検討されていますお客様の情報交換の場としてお役立ていただければと存じます。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

東京会場        詳細PDFはこちら

日時:2018年7月24日(火)13:30-17:35 (13:00受付)
会場:秋葉原UDX Type S
住所:東京都千代田区外神田4丁目14-1  4F 

定員:180名
参加費:無料

お申込みはこちら 

 

大阪会場        詳細PDFはこちら

日時:2018年7月26日(木)13:30-17:35 (13:00受付)
会場:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム2
住所:大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪 北館 B2F 

定員:100名
参加費:無料

お申込みはこちら 

 

【プログラム】

13:00-13:30  セミナー受付
13:30-13:40  ご挨拶
13:40-14:10  ブルカーの最新テクノロジーのご紹介
                        Rohan A.Thakur, Ph.D. , Bruker Daltonics
14:10-15:00  「なんでも尿検査」へのプロテオミクスによる挑戦
                        山本 格 先生, 新潟大学

15:00-15:15  休憩

 分科会セッションは9つございます。3つの時間帯ごとにご希望のセッションをお選びいただけます。
 各セッションの演者については下記をご覧ください。 当日変更も可能です。

15:15-15:55  A-1:プロテオミクスにおけるMALDI-TOFMSの応用例
                        堂前 直 先生, 国立研究開発法人理化学研究所
                      B-1:標準物質開発における高分解能質量分析の役割
                        絹見 朋也 先生, 国立研究開発法人産業技術総合研究所
                      C-1:材料分析を中心としたMALDI-TOF MSの活用事例の紹介
                        伊藤 渉 様, 株式会社日東分析センター

15:55-16:05  休憩

16:05-16:45  A-2:PASEF – 基礎の基礎  
                        瀧浪 欣彦, Bruker Japan
                      B-2:後日ご案内
                        池川 雅哉 先生, 同志社大学
                      C-2:後日ご案内
                        佐藤 昌紀 様, 京セラ株式会社

16:45-16:55  休憩

16:55-17:35  A-3:timsTOF Pro – PASEF テクノロジーを用いたショット ガンプロテオミクス
                        今見 考志 先生, 京都大学
                      B-3:質量分析装置を駆使する、生体の分子認識機構に基づく検査や創薬探索技術の開発  -
                             ペプチド(中分子)を中心として-
                        軒原 清史 様, 株式会社ハイペップ研究所
                      C-3:合成高分子も低分子も、材料分析を質量分析で!
                        工藤 寿治, Bruker Japan

17:40-19:30  情報交換会

  • « 前へ