TOP

イメージングセミナー in つくば:5月14日

 1992年にマトリックス支援レーザーイオン化質量分析法(MALDI-TOFMS)が商品化されて以来、ライフサイエンス、化学工業、基礎研究など、様々な分野に使われるようになりました。現在では、タンパク質やポリマーなど低分子から高分子領域の化合物の分子量を測定するツールから、現在では組織中に分布する薬物、代謝物やバイオマーカーの局在化を見るツールへと進化を遂げました。そこで本セミナーでは、フランスInstitute of Plant Molecular Biology (IBMP)にてPlant Imaging Mass Spectrometry (PIMS) labの責任者をされていますDimitri Heintz 先生と米国イリノイ大学シカゴ校のDept. of Medicinal Chemistry and Pharmacognosy でAssistant Professor をされていますLaura Sanchez 先生をお招きして、最先端MALDIイメージング研究についてのセミナーを開催させていただく運びとなりました。
 是非、ブルカーの最高峰のMALDI技術および最新のイメージング質量分析技術に触れる機会にしていただきたく、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

【会場・日程】

日時:2019年5月14日(火) 14:00~17:00 (13:30 受付開始)
会場オークラフロンティアホテルつくば  本館   ジュピターウエスト 3F
住所:茨城県つくば市吾妻1丁目1364-1
参加費:無料

詳細PDFはこちら

お申込みはこちら


プログラム
13:30-14:00  セミナー受付
14:00-14:10  ご挨拶
14:10-14:50  MALDI technologies enable label-free molecular mapping
                       Dr. Shannon Cornett, Bruker Daltonics
14:50-15:05  休憩
15:05-15:45  MALDI Imaging as a tool for in situ localization of micropollutants and associated stress 
                      responses in polluted plants
                       Dimitri Heintz PhD. , Institute of Plant Molecular Biology
15:45-16:00  休憩
16:00-16:40  Adapting imaging mass spectrometry to explore metastasis in ovarian cancer
                        Laura Sanchez PhD. , University of Illinois at Chicago    
16:40-17:00  質疑応答 
        ※日本語で質問可能です。

        ※セミナーは英語になります。

  • « 前へ
  • 次へ »