TOP

MALDI イメージングセミナー:5月8日&10日

1992年にマトリックス支援レーザーイオン化質量分析法(MALDI-TOFMS)が商品化されて以来、ライフサイエンス、化学工業、基礎研究など、様々な分野に使われるようになりました。現在では、タンパク質やポリマーなど低分子から高分子領域の化合物の分子量を測定するツールから、現在では組織中に分布する薬物、代謝物やバイオマーカーの局在化を見るツールへと進化を遂げました。そこで本セミナーでは、最先端MALDIイメージング研究についてのセミナーを開催させていただく運びとなりました。

是非、ブルカー・ダルトニクスの最高峰のMALDI技術および最新のイメージング質量分析技術に触れる機会にしていただきたく、皆様のご参加をお待ち申し上げます 。

 

◆ 横浜会場 ◆

セミナー名:最先端 MALDI イメージング研究の紹介       詳細PDFはこちら

日時:2018年5月8日(火)13:30-17:30 (13:00受付)
会場:
ブルカージャパン 横浜ラボセミナールーム
住所:神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9 B棟6階

定員:30名  定員に達したため受付を終了いたしました   
参加費無料

【プログラム】

13:00-13:30  セミナー受付
13:30-13:40  ご挨拶
13:40-14:10  Technology for MALDI imaging
                        Dr. Shannon Cornett, Bruker Daltonics
14:10-14:30  New Sample Preparation Platforms for Imaging MS
                        Dr. Alain Creissen, HTX Technologies
14:30-15:15  Molecular Imaging by Mass Spectrometry: Applications in Neuroscience
                        Prof. Per Andren, Uppsala university
15:15-15:35  休憩
15:35-16:20  Investigation of Drug Localization within Liver Lobules using MALDI Imaging MS
                       Dr. Patrick J. Rudewicz, Novartis Institutes for Biomedical Research
16:20-17:05  Clinical Applications of Mass Spectrometry Imaging to Support Neurosurgery and 
                       Neurooncology
                       Dr. Nathalie Y.R. Agar, Brigham and Women’s Hospital
17:05-17:30  ラボツアー

 

◆ 京都会場 ◆

ブルカージャパン 同志社大学生命医科学部医生命システム学科 共催質量分析セミナー

セミナー名:加速する分子イメージングの世界       詳細PDFはこちら

日時:2018年5月10日(木)12:45-17:00 (12:00受付)
会場:同志社大学 京田辺キャンパス    恵道館201教室

住所:〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3

※17:15より同志社大学内レストラン アマークドパラディ ラッテにて情報交換会もございます。
    ご希望の方は申込フォームの情報交換会のチェックボックスにチェックしてください。
※自由参加で同志社大学 医心館ラボツアー、ポスター&展示もご覧いただけます。
    ご希望の方は直接「医心館」にお越しください。(詳細は同志社 京田辺キャンパス地図でご確認ください)
 

定員:150名    
参加費無料

【プログラム】

10:00-12:00  同志社大学 医心館ラボツアー、ポスター&展示(自由参加)
12:00-12:45  セミナー受付
12:45-13:00  ご挨拶  野口範子 生命医科学部 学部長  教授
13:00-13:25    Technology for MALDI imaging
                       Dr. Shannon Cornett, Bruker Daltonics
13:25-14:00  In vivo and in vitro brain imaging for dissecting neurofibrillary degeneration
                       Dr. Naruhiko Sahara, National Institute of Radiological Sciences
14:00-14:35  Clinical Applications of Mass Spectrometry Imaging to Support Neurosurgery and 
                       Neurooncology
                       Dr. Nathalie Y.R. Agar, Brigham and Women’s Hospital
14:35-14:55  New Sample Preparation Platforms for Imaging MS
                       Dr. Alain Creissen, HTX Technologies
14:55-15:10  休憩
15:10-15:45  Molecular Imaging by Mass Spectrometry: Applications in Neuroscience
                       Prof. Per Andren, Uppsala university
15:45-16:20  Investigation of Drug Localization within Liver Lobules using MALDI Imaging MS
                       Dr. Patrick J. Rudewicz, Novartis Institutes for Biomedical Research
16:20-16:55  Unravelling amyloid pathology with MALDI imaging MS
                       Prof, Masaya Ikegawa, Doshisha university
16:55-17:00  閉会の辞
17:15-19:00    情報交換会 (会場:同志社大学内レストラン アマークドパラディ ラッテ)

お申込みはこちら

 

  • « 前へ