TOP

MALDIバイオタイパー ユーザーズ ミーティング

質量分析による微生物同定システム
MALDIバイオタイパー クリニカル ユーザーズ ミーティング
東京会場:10月7日(月)    大阪会場:10月9日(水)

 

 1992年にマトリックス支援レーザーイオン化質量分析法(MALDI-TOF MS)が商品化されて以来、
ライフサイエンス、化学工業、基礎研究など、様々な分野に使われるようになりました。
現在では、タンパク質やポリマーなど低分子から高分子領域の化合物の分子量を測定するツールから、現在では医療現場で微生物同定を行うツールへと進化を遂げています。
そこで本セミナーでは、イタリアのthe Sant’Orsola-Malpighi University Hospital of Bologna にて
Unit of Microbiologyの責任者をされていますMiriam Cordovana 先生をお招きして、
MALDIバイオタイパーを用いて、迅速に血液培養陽性ボトルから同定だけでなく薬剤耐性の
検出にも利用する研究についてのセミナーを開催させていただく運びとなりました。
 是非、ブルカーの最高峰のMALDI技術および最新のMALDIバイオタイパーの応用利用に
触れる機会にしていただきたく、皆様のご参加をお待ち申し上げます。


ご案内状PDFはこちら


● 東京会場  

≪日時≫:2019年10月7日(月)18:00-20:00 (17:30 受付)
≪会場≫:AP日本橋   6F Aルーム     詳細アクセスはこちら
     東京都中央区日本橋3-6-2 6F

≪参加費≫:無料  定員30名
            ※お飲み物・軽食付き

お申込みはこちら

 

● 大阪会場  

≪日時≫:2019年10月9日(水)18:00-20:00 (17:30 受付)
≪会場≫:AP大阪梅田茶屋町   8F Aルーム     詳細アクセスはこちら
     大阪府大阪市北区茶屋町1-27      ABC-MART梅田ビル8F       

≪参加費≫:無料  定員30名
            ※お飲み物・軽食付き

お申込みはこちら

 

■プログラム

17:30-18:00  受付 ・ ウェルカムドリンク
18:00-18:10  ご挨拶
18:10-18:50  MALDI MS, 微生物学の革新—同定と更なる技術
18:50-19:00    休憩
19:00-19:40  セミナー:
                      ボローニャワークフロー : 質量分析による敗血症の迅速な診断のアプローチ – 1分・1秒でも早く
                        Ms. Miriam Cordovana , the Sant’ Orsola-Malpighi University Hospital of Bologna
                       ※セミナーは英語(同時通訳)となります。
19:40-20:00  One more thing-MALDIバイオタイパーsiriusのご紹介

  • « 前へ
  • 次へ »